【DSP広告】比較ランキング!ディスプレイ広告検討中の方にもおすすめ!評判のwebマーケティング集客施策

たくさんあるDSP広告の選び方とは?

DSPとはDemand Side Platformの略で自社の製品やサービスを知ってもらうために広告を出したい企業(広告主)のためのサービスです。

現在では多くの企業が様々なDSPサービスを展開しており、広告主にとってはどの企業のDSPサービスを選べば良いのか困難になってきています。

DSP広告の種類やサービスの違いを知ることで自社にとってどのDSPサービスを選べば良いのかがわかりやすくなるのではないかと思います。

 

DSP広告とはそもそもどういうものなのか

以前はwebサイト上のある媒体で広告を出したい時は広告枠を購入して、そこに自社の広告を掲載し不特定多数の人に広告を発信していました。

しかし、それでは自社のサービスや商品に全く興味関心のない方にも同じように広告を発信することになってしまい、費用対効果が十分に得られない状況でした。

また、広告を運用していくにも費用が高かったり、管理、運用に手間がかかるなどの問題がありました。

こうした問題を解決するためにDSPサービスが登場しました。

このサービスはwebサイトを閲覧しようとするユーザーの情報をもとにSSP(Supply Side Platform)と呼ばれるシステムが瞬時に広告を配信するためのオークションを行います。

まずは各DSPに向けてオークションのリクエストを送ります。

リクエストを受けたDSPは広告の入札額をSSPに送り、その中で一番高い額をつけたDSPの広告が落札され、webサイトに表示されます。

この作業をユーザーがページを開こうとする一瞬のうちに行われます。

ちなみにSSPはオークションによって一番高い入札額をつけた広告を配信するシステムです。

そのため、広告を掲載する媒体にとって収益を最大化するシステムになっています。

つまり、DSPは広告主にとって、SSPは媒体にとって利益を最大化するためのシステムと言えます。

 

DSP広告にはどのような種類があるのか

DSP広告にはざっと分けて2種類があります。アルゴリズム型と運用型です。

アルゴリズム型は各DSPサービスが独自のアルゴリズムを持っていて自動的に広告の効果が最適化されるようになっています。

アルゴリズムが判断して行ってくれるので手間のかからないシステムと言えます。

一方、運用型のDSPは広告がどのぐらい効果を上げているかデータを見ながら人が判断し、手動で広告も運用されます。

大別すると2つですが、今では様々なDSPサービス提供会社がありますし、独自の運用方法をとっている所もあります。

 

DSPサービスの正しい選び方とは?

各DSPサービス提供会社は運用方法もそれぞれ違いますし、また得意としているユーザー情報も様々です。

選ぶ際にまずやるべきことは自社のサービスや製品を知ってもらいたいユーザーとはどんなユーザーなのかをしっかりと見極めておくことです。

このDSPとはユーザーにとって興味や関心のある広告を自動で配信してくれるシステムですので、そのユーザーの的が絞れていないとせっかくのシステムも無駄になってしまいます。

しっかりと的を絞った上で、各社の強みや弱みをよく調べてから判断していくことが正しい選び方と言えます。

また、注意点としてDSPはどのwebサイトに広告が表示されているかがわかりません。

どこに表示されているかわからないのは嫌だという場合は直接広告枠の購入という方法もありますので、そちらも検討候補に入れながら導入を決める方が良いと思います。

 

以前より高い費用対効果を得られるようになったDSP広告ではありますが、自社にとってターゲットにしたいユーザーを絞り込めている必要があります。

その上で自社のターゲットにとって、どのDSP提供会社を選ぶべきかを判断しなくてはなりません。

自動で手間のかからないシステムではありますが、費用をかけるのであればサービスを選ぶ際にしっかりと手間をかけ、最大の効果が得られるようにしていくのが良いのではないでしょうか。