【DSP広告】比較ランキング!ディスプレイ広告検討中の方にもおすすめ!評判のwebマーケティング集客施策

DSP広告の出稿時にかかる費用はどれくらいかかる?

ウェブサイトには、広告枠が設けられていて、申し込めばそこに宣伝を表示させることができます。

しかしウェブサイトの利用者がまったく興味のない宣伝広告が表示されても、注目してもらえることはありません。そのような事態を避けるために活用できるのが、DSP広告というターゲティングをしっかりと行い広告を表示させてくれるシステムです。

 

リアルタイムにオークションをおこなうシステムが特徴

ウェブサイトを訪れた利用者が、興味が持つ広告を表示できるようにするのが、DSP広告です。もちろん、ほかの広告方法にも同じものがあるので、それだけでは魅力的とはいえません。DSP広告の最大限の特徴は、リアルタイムにオークションをおこなって、一番入札額が高いところを宣伝するということです。

つまり、DSP広告を利用するうえで、かかる費用は、設定するオークションの入札額によって大きく変わってきます。競争相手が少なければ50円で入札できることもありますし、競争相手が多ければ100円でも無理なこともあります。

とにかく安く利用したいのなら低い設定額で使えばよいですし、宣伝効果を最大にしたいのなら誰にも負けない高い設定額にするとよいでしょう。なお、リアルタイムにオークションをするといっても、入札は自動でおこなわれるので、パソコンの前に張り付いていなくても大丈夫です。

前もって入札額を設定しておけば、その金額を使ってオークションに参加してくれるため、特に特別な操作をする必要はありません。そして、ウェブサイトには瞬時に表示されるので、広告を見る利用者にストレスを感じさせることもないです。

 

CPM課金とCPC課金のどちらかを選ぼう

DSP広告を利用したいのなら、CPM課金とCPC課金のどちらを選ぶか考えなければいけません。まずCPM課金のほうですが、オークションで広告枠を勝ち取って、ウェブサイトに宣伝が載った瞬間に費用が発生するタイプです。

そしてCPC課金は、ウェブサイトに載ったあとに、利用者が広告をクリックすることで、費用が発生するタイプです。もしも、広告を見てもらいたいだけならば、表示さえされれば十分なので、CPM課金を利用するのがよいでしょう。

しかし自社のウェブサイトまで移動してもらわなければ意味がないのなら、CPM課金のほうが適しているといえます。きちんと考えて選ばなければ、最大限の宣伝効果を得られないので、CPM課金とCPC課金のメリットとデメリットを調べてから契約しましょう。

 

予算を決めて費用をコントロールしよう

DSP広告は1ヶ月あたり10万円で済むこともありますし、100万円を超えることだってあり得ます。すべては、どのような設定をするかにかかっているので、予算をしっかりと決めたうえで配信業者と契約をするようにしましょう。

なお、利用方法について、分からないことがあったのなら配信業者に連絡を取れば教えてもらえます。

ただし、配信業者によって得意とする広告のジャンルが異なるので、問い合わせ先には注意しましょう。自身が出稿する広告のジャンルと、配信業者が得意とするジャンルが合っていなければ、最大限の効果を得ることはできません。

 

複雑に思えるシステムですが、実際に利用を始めてみれば、それほど大変ではないとすぐに分かるはずです。サポートがしっかりとしている配信業者を選ぶことで、満足できるDSP広告をおこなえるようになるでしょう。

ちなみに、配信業者は、ほぼ100パーセントの確率でホームページを運営しているため、まずはそちらの内容に目を通すことをおすすめします。利用したいと考えたところがあったのなら、つぎは資料請求やメールでの問い合わせをしてみましょう。

 

 

サイト内検索
DSP広告ランキング!
第2位 CRITEO
CRITEOの画像
第3位 Logicad
Logicadの画像
第4位 Freak Out
Freak Outの画像
第5位 Bypass
Bypassの画像