【DSP広告】比較ランキング!ディスプレイ広告検討中の方にもおすすめ!評判のwebマーケティング集客施策

DSP広告のメリットとは?デメリットは存在する?

web広告業界で最近、注目を集めている広告配信方法がDSP広告です。

取り入れた企業がそれなりに宣伝効果を上げているのも事実です。

ただし、取り入れるか検討する前にメリットとデメリットの確認をしておきましょう。

確認の前にどんな広告配信方法かを把握する

DSPはデマンドサイドプラットフォームの略であり、直訳すると需要側のプラットフォームになります。

ちなみに需要側とは広告を見る側でなく広告主になります。

つまり、広告主のために広告の最適化を行うことによって費用対効果の最大化を図るツールと言えるでしょう。

DSP広告とはDSPによって配信した広告枠や、DSPによって広告が配信したそのものになります。

さらにユーザーの行動履歴や嗜好性などの情報を行うことによって広告の最適化を行うことが可能になります。

その結果、広告の費用対効果を上げられます。

幾つかの企業がDSP広告を取り入れています。

DSPはそれぞれに異なる配信アルゴリズムを持っているので広告最適化のためのターゲティング方法が各自、違います。

なので、広告する側もそれぞれの広告の特徴をよく掴んで活用することが重要になります。

利点を考慮しておくことは大切なこと

利用した結果、メリットは幾つか存在します。

一つは誰に出すかを重視しています。

ユーザーの情報を元によって配信する広告が選ばれています。

選定内容は性別、年齢、地域などの基本情報や検索履歴、行動履歴などの興味関心データが含まれます。

その結果、商品を求めている人にダイレクトに広告を送ることができます。

 

ちなみにDSPの最適化エンジンによって膨大な量のデータを解析することができます。

この点が手動による広告配信には不可能です。

「最適化」「一瞬」「自動的」、これら3つの仕組みによって広告効果の追求という面での大きな利点が生まれます。

さらに複数のネットワークに広告を出すことが可能になります。

DSP広告は求める人だけでなく、広告を出す人にも多大なメリットがあります。

特徴として広告主のニーズに合わせた広告配信ができます。

まず、利用者だけの広告でなく広告を出す方にも何らかの効果を求めることが重要です。

利点もあれば欠点もあることを考慮する

DSPにも、まだ解決すべき課題が存在することを理解しましょう。

高い費用対効果を出すためには課題について理解しDSPを選定しましょう。

欠点と言えば広告の配信先はわからないことが挙げられます。

つまり、どんな人が何を求めているかの情報がないと次の広告掲載への施策へ移ることができません。

他にも広告費だけでなく費用が発生します。理由は基本的に手数料が発生する場合が多いからです。

例えば、広告費だけでなく初期費用とかになります。

そこでDSP広告を出す場合は発生する費用がどれくらいになるのかしっかり、確認しておくことです。

また、DSP会社によってはターゲティングが異なってきます。

それは提携している配信メディアのジャンルや内容などが異なっています。

それぞれのDSP会社の保有するデータやアルゴリズムによっても広告の配信先も変わってきます。

それもデメリットの一つなのかもしれません。

 

最後にDSP広告での仕組みと広告配信先の選定方法を理解しておくことが大切です。

さらに利点や欠点についても重要視しておくことも広告費を抑えることのポイントです。

大体、DSPによる広告配信は、運用次第で大きな対費用効果を得ることが可能です。

DSP会社は幾つも存在し、それぞれに特徴があります。

どの会社を選ぶことによって広告費を抑え、さらなる収益をあげることができるでしょう。

導入を考えているのなら、まずはネットなどで下調べをした後、幾つか候補を絞っておきましょう。

それぞれの特徴を比較検討してしっかり把握しておくと活用し甲斐があります。

サイト内検索
DSP広告ランキング!
第2位 CRITEO
CRITEOの画像
第3位 Logicad
Logicadの画像
第4位 Freak Out
Freak Outの画像
第5位 Bypass
Bypassの画像