【DSP広告】比較ランキング!ディスプレイ広告検討中の方にもおすすめ!評判のwebマーケティング集客施策

DSP広告には様々な種類がある?

たくさんあるウェブ広告の中にあっても、最近スポットライトを浴びて、応用も広がりを見せているのがDSP広告です。

従来のディスプレイ広告と比べて合理的に効果を確保できる広告として、導入するケースが多くなっています。

そして、様々な種類があります。

DSP広告の持っている特徴について

DSPは、広告主の広告の最適化を図るプラットフォームを意味します。

いくつかのアドネットワークを通して横断的に広告管理することができます。

DSPは、定められた広告枠やネットワークを標的に配信するのでなく、いくつものネットワークを横断して、利用者のデータに応じて広告を載せていくものです。

要するに、広告を何処へ出すかということではなく、どんな人に出すかという角度から活用されることから、商品に応じた利用者に対し手際よく広告を打つことができます。

また、従来のプラットフォームで実現できない高レベルの最適化が施されます。

DSPは、大規模な量のデータと関連付けて、機械的に広告の最適化が図られます。

適正化がリアルタイムで行なわれるので、少ない費用で高い効果を追求できます。

アルゴリズム型のDSP広告の特徴

現在において、日本国内、外国ともに数多いDSPが出現しており、個々の特徴や機能もいろいろあります。

したがってシンプルに種類分けするのは簡単ではないのですが、そうは言ってもそれぞれのDSPのスタイルをチェックしていくと、おおよそ2つの種類に区別することができます。

ひとつは、アルゴリズム型のDSPになります。

こちらの種類のDSPでは、それぞれのDSP独自のアルゴリズムをベースにして、機械的に広告効果が最適化されることになります。

原則として運用についてはアルゴリズムが全部実施してくれるので、 労力がかからず、費用も相対的に安いといえます。

目標になるCV数もしくはCPAを設けたら、DSPに実装されているアルゴリズムにより機械的に適正化してくれる種類のDSPになります。

工数がかからないため魅力があるといえますが、想定したように成績を残せないときにも手動でコントロールできる幅が小さく、マニュアル操作による改良がし難いというネックもあります。

運用型のDSP広告の特徴とメリット

もうひとつの種類は、運用型になります。

この種類のDSPにおいては、広告パファーマンスのデータをチェックしつつ、それなりにマニュアル操作によって広告を運用することになります。

ターゲティング設定のみならず、入札価格なども考慮した細々としたコントロールをマニュアル操作で実行する種類のDSPになります。

アルゴリズム型と対比して工数が大きくかかってしまいますが、その分だけマニュアル操作による柔軟性のあるコントロールを行えることが長所です。

人の手が入ることから、いろいろなシチュエーションに対し順応的にアプローチ可能なのが評価できるポイントだと言えます。

当然、2種類各々の構成要素が混じっているDSPも少なくないので、ひとまとめにしてはっきりと分けることはできませんが、DSPを選択するときの目処になるでしょう。

 

DSPは、広告のコストパフォーマンスを高めたい広告主に役に立つサービスと言えます。

DSPを利用する価値は、数多くのトラフィックを確保しつつ、訴求したい人間をターゲティングし、自動的に配信可能なことです。

どういった利用者をターゲットにしたいか、解析できていることが大切となります。

一人一人にあったマーケティング活動をしていくことが求められる現在、DSPは配信側、閲覧側ともにメリットになるサービスといえます。

しかしながら、全ての人にあった万能サービスではありませんので、DSP広告の種類を把握し、自分の会社の戦略を探究することが大切となります。

その前提に立って、検討するときは、自分の会社に合うサービスかどうかを見定めてから選ぶと良いでしょう。

サイト内検索
DSP広告ランキング!
第2位 CRITEO
CRITEOの画像
第3位 Logicad
Logicadの画像
第4位 Freak Out
Freak Outの画像
第5位 Bypass
Bypassの画像