【DSP広告】比較ランキング!ディスプレイ広告検討中の方にもおすすめ!評判のwebマーケティング集客施策

DSP広告が失敗することはある?

DSP広告はユーザーに対して最も効率的と考えられる形で、広告を配信できるのがメリットです。

うまく活用すれば効果的な反面、失敗するリスクもなくはありません。うまくいかないときには、どのような原因が考えられるのか見ていきましょう。

 

費用対効果を見誤った失敗パターン

DSP広告はオンライン・マーケティングにおいて強力な武器となりえますが、この最大の問題が費用対効果の見極めです。つまり、正しく使うととても効果的な集客が可能になる反面、これにかかるコスト計算を見誤ると損失となる可能性があります。これを避けるには、どのタイミングでどんなコストが発生するかを把握しておくことが欠かせません。

まず、広告費用が発生するのは当然でしょう。これに組み合わせる形で、手数料が生じるケースがしばしばあります。オンライン広告では初期費用は不要なケースが増えてきましたが、DSP広告はこれに当てはまりません。一般的にイニシャルコストが発生する可能性があるので、これは気をつけておきましょう。

こちらは会社によりますが、最低出稿金額と最低契約期間が決まっている場合があります。このようなケースでは柔軟な利用に制限がつく形になるので、あらかじめ気をつけておきましょう。最初はより使い勝手の良い会社で始めて、効果を確かめていくのも良さそうです。

 

配信先の選定が不適切だったケース

DSP広告では効率的に宣伝できるよう、配信される先を絞り込んでいきますが、ここで問題が生じるときがあります。配信先が公開されているケースでしたら、どのようなサイトで成果があがっているかを確かめて、そこに集中するような調節ができるのです。

しかし、非公開ですと、どのサイトで成果が出ているのかをチェックできません。このため結果的に最適化が難しくなるので、損失がでてくる可能性があります。したがって、会社を選ぶ際には配信先を公開しているサービスを中心に、考えていくのが良いでしょう。リーズナブルであっても、この点でデメリットが生じるのでしたら、効果は限定的になりえ、費用対効果は期待できないことになってきます。

もちろん、配信先が公開されているケースであっても、放置しておくと意味がありません。しっかりと成果をチェックして、効果的な形に調整していくことが大切です。これは時間の経過とともに事情が変わってきますから、できるだけこまめに確認することをおすすめします。

 

選ぶ会社を間違えた失敗パターン

ターゲティングのアルゴリズムや、配信先については各社で内容が異なってきています。したがって、例え同じような設定で運用していたとしても、会社によって最終的に配信される結果が異なってくるのです。

ここは調節でなんとかできる部分もありますが、どうしても限界もあります。結果として好ましくないターゲティングがおこなわれてしまい、これを修正できないなんてこともなくはないのです。

もちろん、この場合では費用の割には成果が出ないことになってきます。これを避ける方法としては、うまく成果が上がらないときには別の会社に切り替えてしまうのも悪くはありません。これによって大幅に結果が変わってくる場合もあります。

広告したいサービスや製品のジャンルを得意とする会社であれば、それだけメリットが考えられますので、積極的に検討してみると良いでしょう。

 

DSP広告の失敗事例について見てきました。結論としては費用と設定、会社の特色によって差が出てくると考えて問題ないでしょう。この辺りはしっかりと情報収集して効果的な運用を考えていくと共に、実際におこないながら経験を積み、学んでいく部分も重要となります。

したがって、悩んだときには前向きに行動してみるのがおすすめです。オンライン広告は全体的に、放置していても事態が好転する可能性は低いですから、積極的に改善を考えていきましょう。

 

 

サイト内検索
DSP広告ランキング!
第2位 CRITEO
CRITEOの画像
第3位 Logicad
Logicadの画像
第4位 Freak Out
Freak Outの画像
第5位 Bypass
Bypassの画像