【DSP広告】比較ランキング!ディスプレイ広告検討中の方にもおすすめ!評判のwebマーケティング集客施策

DSP広告の導入方法とは?

DSP広告は広告効果を最大限に高めることが可能です。DSPより以前に開発されたアドネットワークは複数のサイトをまとめた広告ネットワークになりますが、DSPは複数のアドネットワークへの広告配信を一つのプラットフォームで管理できるツールのため、より効率的です。

DSP広告の詳しい仕組みやメリット、導入方法などを解説していきます。

 

ターゲットを「人」に絞って配信できる広告

DSP広告のDSPとはデマンド・サイド・プラットフォームの略で、自動的に広告の効果を最大化してくれるツールです。広告主が配信ターゲットや予算などを設定してからDSPに広告を入稿すると、ユーザーが使用しているデバイスのCookieから得られる情報、購入履歴や行動履歴などを分析し、ターゲットとなるユーザーに自動的に配信されます。このDSPを通じて配信されたディスプレイ広告のことを、DSP広告と言います。

これまで「枠」単位でしかターゲット設定ができなかった広告がCookieを活用できるようになったことで「人」単位での広告配信が可能になりました。そして、Cookie同様にDSPに欠かせないのがSSPです。SSPとはサプライ・サイド・プラットフォームの略で、DSPと連動しています。

広告が実際にブラウザ上に表示されることをインプレッションと言いますが、それが発生するとSSPは複数のDSPの中から自動的に収益率の高い広告をピックアップし、配信してくれます。自動的にピックアップしていると言っても、実はインプレッションが起こるたび、一瞬のうちにオークションがおこなわれています。これはリアル・タイム・ビディング、略してRTBという仕組みです。

 

個々にターゲットを絞って広告配信できるのが強み

DSP広告は、ユーザー一人一人に絞って最適な広告を配信できるのが一番のメリットかと思います。

一昔前までの広告配信では、女性用化粧品を男性ユーザーに配信していたり、赤ちゃんグッズを子育て世代でないユーザーに配信していたりしていたわけですが、こういったミスマッチが起こりにくくなりました。ユーザーにマッチする広告が自動的に配信されることで、売上アップにつながることが期待できます。

また、DSPを活用することで、広告の最適化を図る必要も広告を管理する必要もありません。作業工程が減り、業務の効率化が図れるでしょう。外注費などのコストを削れる企業もあるかもしれません。

 

サービス会社の特徴や強みを比較してみよう

DSP広告の仕組みやメリットについてわかったところで、いざ導入するとなると、たくさんのサービス会社があって迷う人も多いかと思います。そこで、サービス会社を選ぶ際に注目したいポイントを2つ紹介します。

一つ目は、課金方法です。主流の課金方法は、インプレッション(CPM)課金とクリック(CPC)課金の2種類です。インプレッション課金はブラウザ上に広告が表示された回数をカウントして課金され、クリック課金はユーザーのクリック回数に応じて課金されます。

インプレッション課金のメリットは、クリック率が高くても低コストで運用できる点です。反対に、クリック率が低い場合でもコストがかかるのがデメリットと言えます。とにかく多くの人に広告を見て欲しい企業はおすすめです。

一方、クリック課金は何度広告が表示されようとも、ユーザーがクリックしない限り課金されない点がメリットです。しかし、クリック率が高くなるのと同時に料金も高くなるのがデメリットとして挙げられます。

また、アプリの場合、インストール課金を採用しているのが一般的です。アプリのインストール時か、アプリを起動した段階で課金される仕組みです。課金方法が決まったら、運用方法についても考えましょう。自動型と運用型があり、前者はアルゴリズムを駆使して自動で最適化された広告が配信されます。

後者は、ユーザー属性がわかるデータを見ながら人が運用する方法なので、柔軟な対応が可能です。自動型と運用型を組み合わせたDSP広告サービスもあるため、比較して検討すると良いと思います。と言ってもサービス会社が多数あり、始めから細かいことを検討すると頭が痛くなってしまうかもしれません。各サービス会社の特徴や強みをまとめたサイトを見て、ある程度絞ってから考えると良いかもしれません。

 

DSP広告を導入することで、ユーザー一人一人の属性に合わせた広告を効率的に配信することが可能になります。広告配信のミスマッチが起こりにくいため、広告費のムダを省き、売上アップが期待できます。

また、自社で広告管理する必要もないため、作業の効率化が図れたりコストを削減できたりもするでしょう。サービス会社はたくさんありますが、課金方法や運用方法などをまず決めてから、各サービス会社の特徴や強みを比較して検討すると良いかと思います。

 

 

サイト内検索
DSP広告ランキング!
第2位 CRITEO
CRITEOの画像
第3位 Logicad
Logicadの画像
第4位 Freak Out
Freak Outの画像
第5位 Bypass
Bypassの画像