【DSP広告】比較ランキング!ディスプレイ広告検討中の方にもおすすめ!評判のwebマーケティング集客施策

DSPとSSPの違いを知ろう

web広告用語であるDSPとSSP、つい混同してしまうことがあります。もうひとつ混同しやすいDMPもありますが、それぞれは役割も仕組も違いますし、理解した上で広告戦略を考える必要があることは言うまでもありません。

それぞれの違いや特徴、仕組みなどについてあらためて解説します。

 

DSPはデマンドサイドプラットフォーム

DSPは広告主側が広告の効果を最大にするためのプラットフォームを指します。Demand-Side Platformの略で、複数のアドエクスチェンジなどを一元管理し、収益を最大化する目的の媒体側プラットフォームとして登場しました。

広告主や広告代理店が、広告インベントリにリアルタイムで入札しやすくなる広告配信の「頭脳」です。利用すれば複数のアドエクスチェンジやアドネットワークに一括で広告配信が可能となり、商品やサービスに興味を持つユーザーにアプローチすることができます。

売上につなげやすくweb広告の費用対効果も上がる上、一部運用作業の自動化によって人的負担も減らすことができます。独自のアルゴリズムで最適化するアルゴリズム型と、結果を見ながら人が手動で調整する運用型の2種類のDSPが存在します。

 

SSPはサプライサイドプラットフォーム

SSPはSupply Side Platformの略で、媒体側の収益を上げるためのプラットフォームを指します。つまりDSPは広告主の利益のため、SSPは媒体の利益のためのプラットフォームです。

この2つのシステムがあって初めてweb広告の取引が成立するわけですから、それぞれ取り違えてはいけません。SSPはインプレッション毎にeCPMを算出し、広告枠に対して最も高値を提示した広告を配信する仕組みを持っています。

ただ入札価格以外にも落札決定要因があり、ビットレスポンスなどが挙げられます。あらかじめ媒体側が設定した枠や価格、業種などの条件から広告を自動で選定し配信するため、人的な運用コストを大幅に削減することが可能です。

また、訪問ユーザーの情報と広告枠の情報を一元管理することで、リアルタイム入札も実現します。ユニークユーザーやオーディエンスが豊富な媒体には非常に適した仕組みと言えるでしょう。

 

DMPはデータマネジメントプラットフォーム

DMPは、前述のDSPとSSPの精度を高めることが目的のプラットフォームです。インターネット上のさまざまなユーザーデータを統合したり管理したりすることで、データ活用を効率化することができます。

主に蓄積される情報は、サイトの閲覧履歴や行動履歴、検索ワード、購買データなどのほか、ユーザーの属性データなどです。オープンDMPとプライベートDMPの2種類があり、オープンのほうは第三者が提供する情報、プライベートのほうは購買データや会員情報など自社保有情報となっています。

基本的にはサイトのアクセス解析を行い、あらゆるユーザーデータを収集するのが役割です。外部データ収集にはcookieを使用し、収集元が異なるデータを紐付けして一元化、ルールに従ってセグメントを行い、データ整理を実施します。これらの整理データはDSPとSSPに送信し、web広告の最適化を行う仕組みとなっています。

 

DSPとSSPは、web広告主側と媒体側、それぞれ異なる立場の運用者に向けたプラットフォームです。いずれも情報を一元管理し、一定の自動運用において人的な運用コストや負担を軽減させることも目的としているのが特徴でしょう。

ただ、真の目的はweb広告の最適化と広告利益の最大化ですので、いかに効果的なweb広告を行うかを主眼としたシステムです。そこに欠かせないのはもちろんサイトを訪れる不特定多数のユーザーですから、ユーザーデータを蓄積し、セグメントで分析できるDMPが重要な存在になって来ます。

それぞれのシステムの目的と相互関係を理解して、効果的な広告効果を生み出すことが重要です。

 

サイト内検索
DSP広告ランキング!
第2位 CRITEO
CRITEOの画像
第3位 Logicad
Logicadの画像
第4位 Freak Out
Freak Outの画像
第5位 Bypass
Bypassの画像