【DSP広告】比較ランキング!ディスプレイ広告検討中の方にもおすすめ!評判のwebマーケティング集客施策

今さら聞けない!「DSP」とは一体何なのか?

手作業で分析するマーケティングより、今はDSP広告が利用できます。比較的新しいツールであるため、仕組みについて基本が曖昧になっている人もいるはずで、まずはその表示される仕組みや利用するメリットを理解しましょう。

比較的誕生して間もないから分からないこともある

現在、国内でもしのぎを削るDSPの特徴をどこまで知っているでしょうか。現代のマーケティング志向は顧客志向であり、いかに消費者ニーズを捉えるか、その戦略に最適なサービスを選ぶことがポイントになります。

今さらながら、聞くに聞けない専門用語に感じられるDSPとはデマンドサイドプラットフォームの略語です。広告出稿の費用対効果を高めたい広告配信を希望している人のための基盤や土台、オペレーティングシステムです。

スマートフォンやパソコンでWEBサイトを見ていると、さまざまな広告が表示されていますが、それはバナー広告で、一部はDSPのようなツールによって表示されています。

また、勘違いされる人もいますが、各アドネットワークに配信するための自動化ツールであって、複数のサイトを束ねた広告ネットワークとは意味合いが異なります。このように、わずか10年未満で誕生したツールですから事例も少なく、成功するデータも数多くある訳ではありません。

分からない、知らないのも恥ずかしいことではありません。費用対効果を高めるためのツールであり、実際に運用をしながら使い方を考えていけばいいでしょう。

まずは仕組みや表示される流れを知る

仕組みについて聞けない声も耳にしますが、広告主がDSP広告を出稿するとき、まず媒体ツールのSSPからリクエストを受け取り、どの広告を表示させるか入札をおこないます。表示されるまでは一瞬で、ユーザーが広告枠のあるサイトにアクセスまでです。

リクエストに応じ広告を選定、広告と入札額を通知し、そこからSSPが広告を落札、情報をサイトに通知したら広告が配信されるのです。オークションですから、表示される広告は高値で落札されたものです。

しかも表示される広告は、ユーザー属性、年齢、行動履歴などに基づいたものです。広告効果を最大化できるのかを瞬時に予測できるのならば、手作業で分析するよりはるかにコスト削減できるでしょう。

その人にぴったりの広告が表示される

今さらながら、DSPのメリットを聞くに聞けない声も耳にします。万人向けではなく、ターゲットを絞り込むことが可能で、誰に出すのかを重視した広告配信が謳われています。そのユーザーに合った広告が選ばれて配信されているので、わざわざ特定のサイトを閲覧しなければ見られないことがありません。

では、その選定はどのようにおこなわれているのでしょうか。性別や年齢などの基本情報だけでなく、検索履歴や行動履歴などの興味や関心あるデータまでが駆使されているようです。それをもとに配信するので、どんなユーザーをターゲットにしたいのか、まずは分析できていることが重要です。

もちろん、基本的なターゲティングについてはおおむねどこも対応しています。例えば、欲しかった靴がセールになっているのをDSP広告で知り、クリックしたらショップに繋がり注文してしまった経験のある人もいるはずです。

このように、これまでの閲覧履歴であったり行動履歴により、ユーザーの興味を惹きつけることで成果に貢献できるツールなのです。商品単位でリターゲティングしているところもあり、広告のリンクがそのまま商品の詳細ページに繋がっていれば効率性も高まるでしょう。

いわゆる、消費者ニーズを把握し、それを満たす活動をする顧客志向なのです。もちろん、利潤を得ることを最終目的とするスタンスから利潤重視とも捉えることもできます。目立つものが売れるのではなく、ユーザーが興味を持つ商品だから売れるのです。実際に使う場面を連想、想像できるツールでもあります。

 

今話題を集めているのに、今さら聞けない人が続出しているのが、DSPです。バナー広告とは違うのか、利用する人にとってどんなメリットがあるのかなど、聞くに聞けない基本を知らずに利用はできません。

しかし、その基本を教えてくれる専門会社も存在しています。広告からは欲しい情報だけでなく、購買意欲まで高める力があります。そのために広告を打ち出すのですが必要なユーザーに限定できるそうしたツールになっています。

サイト内検索
DSP広告ランキング!
第2位 CRITEO
CRITEOの画像
第3位 Logicad
Logicadの画像
第4位 Freak Out
Freak Outの画像
第5位 Bypass
Bypassの画像