【DSP広告】比較ランキング!ディスプレイ広告検討中の方にもおすすめ!評判のwebマーケティング集客施策

運用型のDSP広告って?どのようなメリットがある?

運用型のDPS広告を理解するには、先ず運用型広告とは何かを知る必要があります。

運用型広告とは、リアルタイムに入札額を変えられる広告です。

特定の枠を購入する純広告と異なり、広告素材も臨機応変に改善できます。

 

適切なタイミングで広告運用するシステム

運用型広告は配信するターゲットに対して、適切なタイミングで広告運用するシステムとなります。

入札方式が採用されており、リーズナブルに配信できるのが魅力です。

予算の上限や配信時期、配信方法を自由に設定できます。

運用効果をリアルタイムで計測でき、成果に応じて停止や追加が可能です。

また、ターゲットの地域や属性、デバイスの種類など細かく絞った配信もできます。

加えて、広告面自体をユーザーの趣向に合わせて変更できたりします。

さらに、広告課金に関しても、表示回数方式とクリック回数方式から選択できます。

次に見るのはDSP広告とは何かについてです。

DSPはDemand-Side Platformの略で「広告主の広告効果の最大・最適化を図るプラットフォーム」を意味します。

DSP広告では複数のアドネットワークに跨がり、多角的に広告を運用します。

DSPに採用される入札方式は、リアルタイムビッディング(RTB)と呼ばれています。

RTBの具体的な運用の流れは、広告媒体でのインプレッションにより、サプライサイドプラットフォーム(SSP)に通知が届きます。

SSPは広告主ツールのDSPと対をなし、メディア側の広告効果を最適化させるためのものです。

 

インプレッションごとの広告が可能

広告媒体から通知されたSSPは、ユーザー情報と共に各DSPへ入札リクエストを送信します。

DSP側では広告主の選定が実施され、条件に適合した広告主同士で入札が行われます。

入札後には最高額の広告主情報が、SSPに伝わります。

SSPはその中でも最高額の広告主を選び出し、媒体に通知して広告掲載することになります。

これら一連の作業が、インプレッションごとに瞬時になされています。

即ちDSP広告の最大のメリットは、最適なターゲットに対して、インプレッションごとに広告配信できることです。

DSP広告は特定の広告枠に配信するのではなく、複数のネットワークに跨がり、ターゲット情報に応じて最適な広告配信するのが特徴です。

ターゲット情報の中には、ターゲットの基本データをはじめ、属性や興味などが含まれます。

即ち、広告を何処に出すかではなく、誰に出すかに焦点を絞ったアドテクノロジーとなります。

それによって、広告したい商材やサービスに対して、より親和性の高いユーザーにマッチすることが可能です。

さらに、従来型の広告プラットフォームでは実現できない、高度な効果最適化も行われています。

 

アルゴリズム型と運用型の組み合わせ

DSP広告では、手動では不可能だった広告配信の最適化が、リアルタイムで可能となりました。

それによって、低コストでありながら、最大効果の広告配信ができるようになったのです。

現在では国内外において、様々なDSPが登場しています。

それぞれに機能や特徴が異なりますが、大別すると2つに分けられます。

その一つはアルゴリズム型で、各DSPが独自のアルゴリズムを用いて自動配信します。

基本的運用はすべてアルゴリズムが行い、低コストで手間もかからないのがメリットです。

そして、もう一つとなるのが運用型です。

運用型のDSP広告はパフォーマンスに応じて、手動で広告を運用するタイプとなります。

人のチェックが入ることで、色々なシチュエーションに関して柔軟にアプローチできます。

現実的には、アルゴリズム型と運用型が組み合わされて運用されることが多く、人の手が入る割合もそれぞれ異なります。

それ故、DSPを選ぶ際には、各プラットフォームの強みを知ることが大切です。

DSPには細かい機能が沢山盛り込まれていますが、機能面だけで比較するとキリがなくなります。

そのため、先ずは各DSPの売りと強みを把握し、自社の目的に適ったものに絞ることが大切です。

 

DSP広告の代表的な例として、GoogleやYahoo!などの検索連動型広告が挙げられます。

その他、ディスプレイ広告や動画広告、SNS広告などが有名です。

そして広義にはDSP広告は運用型広告に含まれます。

DSPはより少ない労力とコストで、より高い効果が期待できるオンライン広告の新形態です。

各DSPは機能向上を図るべく、常に切磋琢磨しています。

それが広告媒体全体のレベルアップにつながり、DSPの存在価値を高めることになります。