【DSP広告】比較ランキング!ディスプレイ広告検討中の方にもおすすめ!評判のwebマーケティング集客施策

DSP広告の効果測定方法とは?

近年、DSP広告を利用する会社が増えてきました。ただ、DSP広告を出す場合にも効果測定方法がわからなければ実際にどれほど売り上げが伸びているのか、そしてそもそも広告を出している意味があるのかがわかりません。

そこで三つの効果測定方法を見ていきましょう。

 

クリック数だけでなく直帰率も見てみること

DSP広告を出した場合に、広告の効果測定方法を見る方法としては、主観を交えず単に客観的なデータだけでみるのが重要になります。このときに必要なのは可能な限りわかりやすい数字であることです。さまざまな角度から効果測定をすることも重要になりますが、あまりデータが多すぎても逆にわからなくなってしまうこともあるでしょう。

そこで、まずクリック数に注目をしています。クリック数を見ることにより、どれだけの人がその広告を見たかがわかるはずです。このクリックするポイントは、実際にその広告の注目度が理解できるはずです。実際に表示された広告を思わずクリックさせてしまうだけの魅力があるかどうかがわかります。

まずこの段階で数字が悪いと広告の内容をよりも表示されている広告のわずかな部分の言葉や色合いそして数多などを変えなければならないでしょう。そして、それと同時に必要になるのが直帰率になります。クリックをしてすぐにページを閉じてしまったのかそれとも何ページか広告を見たのかが直帰率からわかります。

もし、すぐに広告を閉じてしまったりそのページしか見ていないようならば間違えてクリックしてしまった可能性がありますのであまり参考にならないでしょう。ですが、何ページも見ているだけでなく、閲覧時間が長ければ長いほどしっかり読んでいる可能性が高くなります。

閲覧時間が短く1ページしか見ていない場合には広告の最初の誘導文や全体のイメージに問題がある可能性がありますので、そこに手を加えることが必要になるでしょう。

 

クリック数と申込数の差をよく考えてみる

効果測定方法として、クリック数に合わせて申し込みするのかを調べてみることが重要になります。申込書に関しては、実際にどれだけの申し込みがあったのかも調べれば問題ありませんが、このときキャンセルした人は対象外にしましょう。最終的に商品を購入した人の数がわかればよいです。

例えば、1日当たりのクリック数が200で商品を購入した人の数が10だとすればクリックした20人のうち1人購入していることになります。この数字を毎日出していき、クリック数に対してどれだけ申し込みがあったかを算出していくとおよそ平均的な数値が出るでしょう。日によって若干違いはあるもののおおむね同じような数字になるはずです。

もし、200程クリックしているにもかかわらず商品やサービスの申し込み数が5程度しかなければ、最後の文章があまりすぐれていないことがわかります。内容までは良いけども、決定力にかけると考えてよいでしょう。決定力にかける場合は、しっかりと商品の説明ができていないことや本当にお客さんに必要と思わせていない文書になっている可能性があります。

そこで、この場合には誘導する最後の部分の文章を新しく書き換えて再び効果測定をしてみるのがよいです。新しく効果測定をした場合、数字の改善が見られない場合がありますが、一定の期間を経て効果測定をおこなっても数字の変化が見られない場合は再び該当する部分だけ変更していく必要があります。

このような地道な作業していくと、顧客心理が次第につかめていきどのような文章に反応するのかがわかるでしょう。

 

広告が複数ある場合にはそれぞれ違いを見てみる

すべて同じDSP広告の場合には特に必要ありませんが、いくつかの種類の広告を出している場合それぞれ見比べる必要があります。

その中で、どの広告が一番反応率が高いかを測定してみましょう。そうすると、そこから再び改善点がわかることが多いです。

 

DSP広告を出す場合には、効果測定方法が重要ですがその中で見ておきたいのはクリック数と直帰率になります。これを知ると、広告の中身がどの程度魅力的かが理解できるでしょう。

また一方で、クリック数に対してどれだけ商品やサービスの申し込みがあったかがわかれば、契約をさせるための決定力があるかがわかるようになります。それに加えて、もし複数の広告がある場合にはそれぞれの数字を見比べて違いを理解することも大事になります。

 

 

サイト内検索
DSP広告ランキング!
第2位 CRITEO
CRITEOの画像
第3位 Logicad
Logicadの画像
第4位 Freak Out
Freak Outの画像
第5位 Bypass
Bypassの画像