【DSP広告】比較ランキング!ディスプレイ広告検討中の方にもおすすめ!評判のwebマーケティング集客施策

DSP広告の基本的な仕組みと種類を知ろう!

広告にはさまざまな種類があります。最近は検索したい人が求めているキーワードに近い広告を出せる仕組みが出てきました。これにより、広告を出す側も非常に効果の高いものとなっているわけです。

さらに最近はDSP広告と呼ばれる仕組みが生まれましたが、どのような仕組みでどのような種類があるのでしょうか。

DSP広告の仕組みを広告主の立場から説明

DSP広告とは、簡単にいえば広告主の効果を最大化させるものになります。広告主の立場からみれば、自分の広告を少しでも多くの人に見てもらい反応率の高いものにしたいものです。

広告を出すときには、一回表示させると\1というように広告主が金額を支払わなければいけません。そのとき、反応が悪いと広告主は無駄にお金を払うことになります。

そこで、少しでも反応を高くするためにDSP広告を使うわけですがその仕組みとしては広告を出すときに広告主は入札をします。例えば、一つの広告を生じさせるにつき\2にしたとします。同じジャンルの広告の中で、ほかの人がそれ以下の金額しか出していない場合は自分が一番トップになりそのオークションを落札したことになるでしょう。

つまり、自分の広告が一番優先して表示されることになることが理解できます。逆に、自分の広告がほかの人よりも少ない金額の場合には自分の広告が一番初めに表示されることはまずありません。

このように、オークション形式で誰が一番高いお金を払ったかを機械が調べ、その中で一番お金を高く払った人の広告表示されるため非常に合理的で平等な仕組みといえるでしょう。

DSP広告の仕組みを閲覧者の立場から説明

DSP広告を閲覧者の立場から説明すると、おおむね全体像が見えてきます。閲覧者は、インターネットを利用する場合、何らかの理由で利用しているはずです。例えば、女性ならば最近お肌の調子が良くないのでよい化粧品を探しているとします。

そうすると、検索エンジンを利用するときの検索キーワードのところに化粧品に関するキーワードを入れることになるでしょう。このとき、そのキーワードに即した広告が検索エンジンやサイトなどに表示されることがあります。

これは、ある特定のサイトを見たときにSSPと呼ばれる部分が広告主の中で化粧品に関する広告を出している人の中で最高額で落札された人を調べます。のちに説明する人の目がはいる運用型の場合には事前に内容を調べておくのです。

その情報は、DSPと呼ばれる媒体の中にはいっていると考えるとわかりやすいです。そして、その落札された人の報告が、化粧品に関して検索した人のところに表示される仕組みです。このように、検索キーワードにあったそして一番入札金額が高かった人のものが表示されることになります。

そのため、広告主としてもメリットがあるだけでなく閲覧者としても自分が検索したキーワードに一致する広告を入手することができるわけです。入札などという言葉が出てくると、オークションのような感じがするでしょう。一般的にイメージできるオークションは、多くの入札者がつまり一人一人が声を出して入札をしていきます。魚の競りなどがこれに該当するでしょう。

その中で、一番入札した金額が多い人がその商品を落札する仕組みです。ただ、仕組みとして同じですが、一番の違いはその時間です。人間と人間がおこなうオークションの場合には、一つの商品に対して数十秒から1分以上かかることが多いですが、DSP広告の場合は1秒以内でおこなわれるのが特徴です。

DSP広告の種類はどのようなものか

報告の中でも、DSP広告の種類は大きく分けて2種類あります。一つがアルゴリズム型と呼ばれるものです。これは、DSP自体にアルゴリズムに基づいて自動的に広告表示されるパターンです。利用コストが安いのが特徴でしょう。

一方で、運用型と呼ばれるものは、公表される前の期間に人間が直接目で見て広告のパフォーマンスから判断するため、広告表示されるまで客観期間がかかるのが特徴です。ただ、人間の目がはいるより内容の良いモノが表示されるでしょう。

 

DSP広告とは、広告を出す側の立場からすれば、一番高い金額で入札した人の広告が出る仕組みになります。逆に、検索する立場からすれば自分の検索したキーワードにぴったりの広告が出る仕組みです。

そのため、広告を出す立場からしてもあるいは検索する方の立場からしても双方にメリットがあるといえます。広告の種類ですが、アルゴリズムがほかと運用型の2種類があります。アルゴリズム型は自動的に入札金額の高かった広告をキーワードに応じて選別してきますが、運用型は一回公表される前に人が確認します。

サイト内検索
DSP広告ランキング!
第2位 CRITEO
CRITEOの画像
第3位 Logicad
Logicadの画像
第4位 Freak Out
Freak Outの画像
第5位 Bypass
Bypassの画像