【DSP広告】比較ランキング!ディスプレイ広告検討中の方にもおすすめ!評判のwebマーケティング集客施策

DSP広告とGDN・YDNの違いとは?

昨今、ユーザーがサイトを訪問した時に表示される広告については様々なディスプレイ広告が表示されています。

こうしたディスプレイ広告には仕組みがあるといわれているのです。

そこで、DSP広告とGDN・YDNの違いについてご紹介したいと思います。

 

DSP広告は広告効果を最適化してくれる

DSP広告のDemand-Side Platformという英語の頭文字をとったもので、広告主の広告効果を最適化したり、最大化するためのプラットフォームということになります。

この広告はディスプレイ広告の一種で、いくつかのアドネットワークを活動して、その人に最も合った広告が横断的に配信できるようになっているのです。

DSPという広告では、訪問したユーザーの性別や年代、嗜好性や行動履歴などに基づいて最適な広告を表示させることができるのです。

こうした方法ではユーザーが広告枠のあるサイトを訪れると、そのユーザー情報をもとにした広告表示をしたいといったリクエストがなされるのです。

そしてユーザー側からDSPに、どの広告を配信されるかを決定するオークションを行うようリクエストが出されるようになっています。

オークションの結果、落札された広告情報がユーザー側に送られるということになっています。

こうした循環がユーザーが様々なサイトの情報を閲覧している間に行われているということなのです。

そうした仕組みを活用した広告がDSP広告です。

 

GoogleとYahooがメジャーになっている

GDN広告は広告主の広告効果を最適化するための広告でした。

ではこうした広告とGDNとYDNはどう違っているのでしょうか。

そこでDSP広告とGDNとYDNの違いについてご紹介してみたいと思います。

まずGDNはGoogleディスプレイネットワークを意味する略称で、YDNはYahoo!ディスプレイアドネットワークの略称になります。

どちらもディスプレイ広告の主流といわれていますが同じディスプレイ広告になります。

前者はGoogle Adwordsで出稿でき、Googleの提携サイトグループにおいて広告が表示がなされます。

後者はYahooで出稿できるディスプレイ広告で、Yahooのプロモーション広告で出稿でき、Yahooの提携サイトグループに広告表示がなされます。

ディスプレイ広告といってもこうした広告を運営する業者の中でも多くの広告主が活用しているのがグーグルとヤフーになりますので、これらの2派はディスプレイ広告でも代表的な存在なのです。

したがってDSP広告とGDN・YDNの違いというのは、ディスプレイ広告におけるGDN・YDNの違いともいえるのです。

そこで、これらの2つの広告の特徴についてご説明していきたいと思います。

 

GoogleとYahoo広告の特徴には違う点がある

これらの違いはいくつかあるといわれていますが、まず最初に挙げられるのが出稿前の準備における違いといえます。

出稿前にはアカウントを用意しておく必要があります。

GDNはGoogleアカウントが必要とされるのですが、Gmailなどを活用していればGoogleAdWordsに登録したらスタートできます。

YDNはビジネスIDが必要になっており、個人のYahooメールアドレスとは区別されているのです。

また、掲載場所についても違いがあるといわれます。

前者は自社サービスでなくYoutubeなどが主な掲載先で、幅広く掲載されるのが特徴で、後者は自社サイトでも掲載されています。

朝日新聞などの連携サイトに加えて、YahooメールやYahooニュースといったYahooの運営するサービスで広告配信が可能なのです。

そして、運用面にも違いがあるといわれ、前者はリスティング広告と同じ予算枠で管理可能で、予算の全体を決めて入金します。

後者はリスティング広告とは別予算枠で管理され、それぞれに入金するといった仕組みになっています。

こうした予算的な点も異なっているという特徴があるのです。

 

DSP広告にはそのサイトを訪れた人の性別や年代、嗜好性などの情報を基にして、より最適化された広告を表示できる仕組みがありました。

そうした点で、多くの広告主が活用しているGoogleとYahooのディスプレイネットワークにおける瀬作の違いは、こうした広告における大きな違いとなっていると考えられているのです。

こうした仕組みを活用する場合には、これらの違いに注目して広告表示を考えていくということが広告主にとっても大切なポイントです。