【DSP広告】比較ランキング!ディスプレイ広告検討中の方にもおすすめ!評判のwebマーケティング集客施策

DSP広告は主にどういうところで利用されている?

日常生活の中で当たり前のようにスマートフォンやパソコンを使うようになっていることを考えれば、今後も多くの人が利用することが想像できるでしょう。

それに伴い、物品などを販売する側も、広告の方法などを従来の方式から変化させることで売り上げを伸ばそうと工夫するようになりました。

そんな現代の広告の方法の一つにDSP広告があります。

 

従来の広告とDSP広告の違いは?

DSP広告は、Demand Side Platformを略した言葉で、簡単に言うと広告主が効率よく最適な状態で広告をするためのプラットフォームという意味になります。

インターネットが主流になる前の時代の広告は、不特定多数の人に向けたものが主流でした。

できるだけ多くの人に見てもらえるようにする方法として、人通りの多い場所に看板を設置したり、新聞に広告を掲載したりする方法などがあります。

テレビ番組の合間のコマーシャルなどもそうです。

視聴率が高い番組であれば、それだけ多くの人に見てもらえる可能性が高くなるといった考え方に基づいて広告が行われます。

もちろんこのような方法は現在でも行われ、効果を上げています。

しかしWEBサイトなどに掲載する広告は、もっとターゲットを絞って、より商品などを購入しそうな人にのみ広告をするようになっています。

それを可能にしているものの一つがDSP広告なのです。

 

DSP広告の仕組みとそのメリットとは?

WEBサイトを閲覧した人(ユーザー)の性別や興味のある事柄などは、データによって把握することが可能です。

広告を提供する側は、それらの情報をもとにして、広告の提供をDSPに発注します。

ちなみに、このWEBサイトのユーザー情報などをDSPに提供するプラットフォームをSSP(Supply-Side Platform)と言います。

SSPからの情報をもとに、DSPはその条件に合致する広告主に通知をします。

そこで入札が行われ、一番金額の高い広告主の広告がWEBサイトに掲載されます。

情報を集めて最適な広告主を選定するのに、人が行えば非常に時間がかかってしまいます。

しかしDSPなどを利用することによって、その作業が自動的に瞬時に行われ、より短時間でユーザーに広告を見せることができるのです。

DPS広告を利用することで、広告主は、より自分の商品を購入しそうなターゲットに絞って効率よく広告を提供することができるようになります。

 

DSP広告を利用するときに知っておくとよいこと

現在、DSP広告を提供している業者は数多くあります。

他の業者と差別化を図るため、それぞれの業者によって特長や強みが異なることが多くなっており、ほぼ自動的に最適な広告主を選定するところもあれば、広告の効果などをみて柔軟に選定を行うところもあります。

その他にも、多くの広告配信先を持っている業者もあれば、独自のノウハウによって、よりピンポイントで最適なユーザーに広告を提供することができるといった業者もあります。

広告主がこれからDSP広告を利用する場合には、自分のニーズにあった強みを持つ業者を探すことで、より満足のいく結果を出すことができるようになります。

 

つまりDSP広告は、WEBサイトなどを閲覧したユーザーの情報などをもとに、そのユーザーがより購入しそうな商品や、興味のある商品の広告を提供することができるプラットフォームということになります。

従来人力などで行っていたデータの集計や分析などが、DSPを利用することで、より迅速に的確に行うことが可能となり、短時間で広告を掲載することができるようになりました。

広告主にとっては、ピンポイントで素早く効率よく広告を掲載することができるというメリットがあるので、こえからも利用する人は増えると考えられます。

 

サイト内検索
DSP広告ランキング!
第2位 CRITEO
CRITEOの画像
第3位 Logicad
Logicadの画像
第4位 Freak Out
Freak Outの画像
第5位 Bypass
Bypassの画像